ニュートン運動方程式

最近ではゲームでもハードの性能が極端に向上したためか
物理計算をきっちりとするようになって参りました。

ああ、自由落下も等速度運動をしていたファミコン時代が
懐かしい(´~`)

さて、ニュートン曰くあらゆる物体の運動は次の法則に
従います。Fを力、mを質量、aを加速度として、

F=ma となります。

つまり、物体に加速度を生じさせるものこそが力なのです。

さて、ここで高校数学の復習。加速度とは速度の微分です。
そして、その速度は位置(変位)の微分な訳です。

ということで、以上より加速度aは位置の2階微分として
表現することが出来ます。ここで位置をx、時間をtとすると、

F=m・d^2/dt^2・x となります。(ええい!見づらい!)
※d^2は2階微分ですよ~って記号の代用ね
[PR]
by pcinfo | 2004-12-25 03:52